Pocket

こんにちは。英会話講師のエリーグレースです。

英語上達を完璧にする英語学習7つの成功法則についてお話します

私が提案する英語は、話せる英語です。英語を使って世界とコミュニケーションできるスピーキング力の上達を目指しています。また、人間性をも含んだ英語を通してのコミュニケーション能力を高めることも重視しています。

これからの日本がどのような人材が活躍するのかということを念頭に置いて、まず最初に必要なのは「確固とした英語の基礎力」だろうと思っています。

それは基礎ができた後にどのような資格試験でもスイスイ合格できるようになるような土台としての英語力と勉強法についても含みます

 

この英語上達法は、前の2つの記事の続きのコンテンツとして展開していますので、まず最初にそちらをお読みになるとより理解が進むと思います。

ラジオ英語/ 誰も知らない「NHK基礎英語」の活用法〜初心者の英会話マスターに超絶・お勧め3つの理由

英語のラジオ学習で世界に翔べる実力をつける勉強法/ 英会話初心者が取るべき「NHK基礎英語」の特別戦略とは?

 

ここでお気づきかと思いますが、私はラジオ英語の「NHK基礎英語」シリーズを使っての英語上達法をご紹介しています。大変ユニークな攻略法です。

また内容は、英会話初心者から中級までを学びたい方を対象としています。全くの初心者からプロまでを意識したカリキュラム構成の「NHK語学」講座があるので、そちらを全面的に活用して英会話を教えています。

 

ラジオの「NHK語学」講座は、コストパフォーマンスも良いし、教師陣もカリキュラムも優れており、日本においては最高峰の英語教材だと思っています。

しかし、あまりにも身近にありすぎて、ほとんどの方はその活用法や利点などに気がついていません。

そこでどうやって生徒さん達にもっとやる気を持って勉強を継続してもらえるのかをいろいろと検討した結果、とても良いものに出会いました。

 

それが今回ご紹介する「英語学習7つの成功法則」です。英語の上達に最強です。

お金をかけずとも今は何でも情報が手に入る時代ですが、しかし、成功したいなら、英語の上達を本気で望むなら、その分気をつけなければならないことがあります。それは、英語のスキルだけにフォーカスしてもうまくいかないという点です。

 

英語のスキル、例えば私のオススメするシャドーイングとか発音練習などのことですが、それも大変重要ではありますが、さらにあわせて目標を達成するためのマインドセットや習慣なども重要視しないといけません。

今までいろいろな英語勉強法にトライして見たけど挫折した、、、という方も多いです。そして、「自分はやっぱりダメだ〜、なんて意志が弱いのだろう、、、」なんて勝手に意志消沈したりして。そんな経験したことありませんか?

 

英語はうまく続けられさえすれば、確実に上達するものなのです。その「継続力」をどうやってつければいいのか、をいろいろ考えて行った方がいいと思います。

マルコム・グラッドウェルという人が著書「Outliers」で「1万時間の法則」というものを紹介しています。その中で「成功は生まれつきの才能ではなく1万時間のなかに宿る」と言っています。

そして、才能より機会が重要だって繰り返し言っていますが、、、そうだとしたら、これはもう「チャンスだ!」ってピンときたら、ひたすらやればいいってことですよね。勝手にネガティヴ思考を持ってがっかりしたりしなくていいんですよ。

 

と、ポジティブ思考しかない私は思うのですが、、、そうは言っても、私もいろいろダメダメな経験をしているので試行錯誤しました。

しかし、これならば絶対に英語の生徒さんの英語上達に役に立てるというのを見つけました。では、これからご紹介していきましょう。

 

1. 英語の上達に欠かせない「自己統制力」とは?

 

英語上達には、はっきり言ってここだけの話(?)英語のコンテンツよりも、「自己統制力」の方が大事なのではないか、と私は思っています。

ほとんどの人が絶対に途中でめげるんですもの。。。最初の意気込みだけでスタートしてもうまく行かないものなのです。

 

私はこれに気づいてからは本当に試行錯誤しました。まだ発展段階ではありますが、私の人生において目標達成するための必須事項はかなり見えてきたところです。

そこで私が教える時は、英語のスキルやテクニックの他に、目標を達成するためのモチベーションの保ち方や時間管理法などにも触れて行きます。めげないで続けて行くにはどうしたらいいか、、、というのも、教える立場から考えていったのです。

 

そうなると、ほとんどはあなたの語学能力に関係なく、「自己統制力」という別のスキルが必要であると気がつきました。

ある言語を身に付けようとしたら、始めたら一生続くと思ってください

 

だから、今、月に○万円も出して英語を学んでいる方も、ある程度まで行ったら自分でコツコツとやって行かなければキリがない世界なのです。使わなかったらすぐに廃れます。すぐにです、悲しいことに。。。私も経験しました。

何ヶ月間だけやったから後はもう大丈夫っていう「自転車乗り」のスキルの世界ではないのです。だったら、最初っからきちんと方法を学んだ方がいいです。

 

私が推薦するラジオ英語は初心者からプロまで目指す方までを対象とした講座を用意してくれています。どんどんレベルアップして行けるように準備してくれているのです。

たった15分のレッスンだけど、やりようによってはものすごく濃いものになる内容なのです。あなたの英語力の向上に必要なことは全て含まれています。

 

その「やりようによっては、、、」が肝ですね。きちんとした指導の元にやるとそくそく進むものです。お金をなるべくかけずにやろうとしたら英語のスキルだけ見ていてはダメだということを、ぜひ理解してくださいね。

では、それらがどのようなものか、私と一緒に見ていきましょう。あなたの英語勉強の成功に欠かせないものになります。きちんとした方法に乗っ取って学べば必ずに英語はモノにできるようになりますよ。

 

2. 英語を上達させるためのスキル一覧

 

では、最初に英語のラジオ学習、または独学を成功させるためのスキルの全体像を見てみましょう。

私の提案する英語の基礎力の付け方は、ただ英語がチョロっと話せるようになる付け焼き刃的な英語力をさすのではありません。

基礎の基礎から丁寧に積み重ねていって、最終的にはず〜っと一生使えるような、また身に付けることによってあなたの眠っていた才能をスパークさせるような効力をもつ英語力のことを言っています

 

それには、やはり英語の勉強の取り組み方から戦略を立てないと、第2言語の脳内思考回路は出来上がらないと思っています。英語を学ぶとは脳の中に新しい思考回路を作って行くことなのです。

本気で身に付けたいと思うのなら、本当はこれだけの内容があります。これから留学、海外転勤や駐在、ビジネスに必要、資格を狙いたい、受験勉強のために真剣に学びたい方に効果があります

 

ただ海外旅行にちょっと使いたいだけとしたら、ここまでは必要ないでしょう。それでしたら、旅行直前対策用のトラベル英会話などをやるといいと思います。よく使うフレーズを中心にいくつか覚えて行けば対応できます。

ただし、いつまでも初心者のレベルにとどまることになります。人生のうちでたった1年でも2年でも真剣に取り組むことができるとしたら、絶対にやる価値のあることをご紹介します。

 

 リピーティング

センテンスを聞いて、そのまま真似て発音していくこと。センテンスや単語ごと進みます。

 オーバーラッピング

講師の音声にあわせて、発音とイントネーション、声の調子も全てあわせながら同じように発音していくことを言います。

 シャドーイング

シャドーは「影」という意味ですね。『シャドーイング』は「影を追う」という意味で、センテンスを聞いた後すぐに(少しだけ遅れて)言葉を追いかけるようにして同じように発音していくことを言います。

 ディクテーション

センテンスを聞き取った後に、その文章を書き取ります。

 リスニング/ ヒアリング

会話の内容を把握するために、聞き取る練習をします。

 英単語の語彙力アップ

ボキャブラリーは、一人でコツコツを進めるしかありません。

 英文法

英文法は、英語の規則、法則ですので大変重要です。

 ライティング

英語で書く力を養成します。

 目標設定

何のために英語を学びたいと思うのか?

資格?受験?仕事に必要が出たから?など、目標が決まると勉強法も決まると言う話は、「英語の勉強の仕方/ 100%目標達成するための大人の英語勉強法5か条」でしています。

そちらの記事を参照して、自分はどれに当てはまるかを確かめてくださいね。

 勉強時間のスケジューリング

【15分ひと区切り勉強法】
【英語100時間攻略法】
【週末調整勉強法】

日々のルーティーンの見直し

早起きのコツ
就寝前の単語の勉強や英語の見直しなど(「英語の勉強方法/ 脳科学と英語の深い関係〜10倍効果が上がる勉強方法について」でその効果を説明しています)

 勉強場所の確保

声を出して練習できるところが必要。

 国際人のマインドの持ち方

度胸と愛嬌が必要。
日本人としての誇りを持って外国に行くことなど。

 モチベーションの保ち方

いかに常に新鮮な気持ちで勉強にのぞむことができるのか。

 目標達成の成功法則

英語の勉強を絶対に成功させるためのサクセスメソッドを見つけました。その後、他の何にでも応用できる法則です。

 

まぁ、いろいろとあるものだ、とびっくりされましたか?

上記の英語のスキルをどのように組み合わせて、どう使って効率よく勉強していくのか、どのようにしてラジオ英語を利用して最大級の効力をあげていくのかは、こちらの記事に書いています。「英語のラジオ学習で世界に翔べる実力をつける勉強法

そして、今回は後半の部分の「目標設定」から詳しくみていきます。

 

3. 英語上達を完璧にする英語学習7つの成功法則

こちらから、英語上達を完璧にする英語学習7つの成功法則についてお話していきます。

上記にあげた英語のスキルだけでは、自力で英語を身につけるのは容易ではないと、もうご理解いただけていると思います。

大変な「忍耐力」と共に「自己統制力」が要るのですよね。それでも、やる価値があると自分で納得すればやれるでしょう。

 

私のオンラインレッスンでは、以下の内容についてもまた英語のレッスンに加えて指導していきます。参考にしてどうぞ活用していってください。

【英語学びの成功法則】

  • 目標設定
  • 勉強時間のスケジューリング
  • 日々のルーティーンの見直し
  • 勉強場所の確保
  • 国際人のマインドの持ち方
  • モチベーションの保ち方
  • 目標達成の成功法則

 

3-1. 目標設定

何のために英語を学びたいと思うのか?

資格?受験?仕事に必要が出たから?など、目標が決まると勉強法も決まると言う話は、「英語の勉強の仕方/ 100%目標達成するための大人の英語勉強法5か条」でしています。そちらの記事を参照して、自分はどれに当てはまるかを必ず確かめてくださいね。

 

エリーの「セレブ英会話NY」的な発想の仕方で目標設定するとしたら、目の前のものではなくもっと先にあるもの、全てを包括するような大きな目標を見つけるようにすることです

例えば私の場合は、英語を話すのは私の人生で「当たり前」のことと捉えているので、目の前の資格試験とか海外旅行の目的はありません。

英語は、私の人生を豊かにしてくれる「コミュニケーションツール」なのです。

世界の中からより良いものを選び取り私の生活に取り入れることができます。そして常にレベルアップをしていきたいというのが目標です。

 

そのために英語の語学レベルとして目指すのは、「NHK語学」で言ったら「実践ビジネス英語」です。

「グローバル時代に対応できる高度な英語でのコミュニケーション力を育成する上級者向けの講座」で、今提供されている「NHK語学」では一番難しいレベルになっています。私も努力してコツコツやっていますよ。

 

さて、あなたの目標はどうでしょうか?

最初は、小さいところから始まるものです。私も高校時代の留学で、ただ行くことだけが目標でしたから。

でもいろんな視点を身につけて行くうちにどんどんとレベルアップして行くものですよ。それを楽しむのもいいですね。

 

まずは、なぜ英語を学びたいと思うのか、よ〜く自分を見つめて自己分析するのが重要です

その目的が決まらないと、どのくらいやりたいのか、どうやってやって行けばベストなのかなどが決まりませんので、ここは十分に時間をかけて検討した方があとで時間の節約になるでしょう。

 

3-2. 勉強時間のスケジューリング

さて、あなたの目標が決まったとしますね。では、どうやったら効率よくやれるのかを考えていきましょう。やみくもにやっても結局は振り出しに戻ってしまうかもしれません。

ほとんどの方の問題は「時間がない」です。あなただけの問題ではありません。だからそれを理由に途中でやめてはもったいないです。時間を作ることを工夫するしかありません。

 

今、どれほど仕事が忙しくて休みが取れないとしても、乳飲み子を抱えてあっという間に日が暮れる時があっても、もし本当に英語を学ぼうと思うなら工夫するのです。

あなたがせっかくやる気になってきているのにうまく勉強時間を確保できないと残念なので、やる気が出るように、またわかりやすいように、エリーがメソッドにネーミングをつけてみました!

こちらでは、以下の3つをご紹介しましょう。

「効果を上げる英語の勉強方法」

  • 【15分ひと区切り勉強法】
  • 【英語100時間攻略法】
  • 【週末調整勉強法】

 

3-2-1. 【15分ひと区切り勉強法】

【15分ひと区切り勉強法】についてお話します。

時間を作り出すと言っても24時間は共通ですから、隙間時間をどう使うかで達成度が違ってきます。こと、英語の勉強に関しては、隙間時間の使い方の上手な人が早く上達すると思ってください。

 

私も試行錯誤した結果、オススメの方法は「ラジオ英語放送時間-方式」からヒントを得た【15分ひと区切り勉強法】です。

たった15分間でもラジオの音声に合わせてテキストを進めるだけでも、「あ〜、今日は勉強したなぁ」って気分になりませんか?

私は、なります。それに気づいて、ハッとしました。そうなんですよ、15分ってとても活用しやすいのです。

 

英語では、特別の言葉がありますよ。
“quarter”= 「クオーター」=4分の1のことです

お金なら25セントのことで1ドルの4分の1。時間なら15分のことで1時間の4分の1。英語では、とても区切りのいい数字なんですね。

その15分の中で、たった1つでも2つでも新しい知識を身につけたら御の字だって思うくらいにします。

 

それで、勉強時間を【15分ひと区切り】にしてみましょう。
1日1時間勉強法15分x4=60分

それを4回もやれば一日のうちで1時間も勉強したことになります。それに、だらだらしないでたった15分と思えば集中できるので、覚えるのも早いです。

 

つまりは勉強は【15分ひと区切り】として、隙間時間にどれをやるのかあらかじめ決めておくのです。これが、隙間時間活用の成功のポイントになります。

朝の出勤や登校時間は、歩きながらこの単語を10個絶対に覚えるとか、なんども練習した会話文のシャドーイングを駅までの道に挑戦してみるとか、、、

 

ここで注意することは、あらかじめその時間にやることを予定しておくことです。「たった今、15分空いたから、さてなにするかなぁ」では、時間活用はできません。

そのタイミングになったらこの単語の復習をするとか、、、自分でどれをやるかをあらかじめ決めておくのが得策です。

 

私の場合は、仕事の合間に息抜きとして「実践ビジネス英語」のトレンディな単語を見直したり発音練習したり、ディクテーションしたり、シャドーイングに数回挑戦したりします。

「よ〜し、今から勉強するぞ〜」というモードではないのですが、見直したりする復習の度合いが上がりとても効果的なので気に入っている方法です。

 

いつも次の隙間時間には何をしようかなと考えたりするので、英語モードは続いている感じがします。そして目指すのは、私の場合は一日1時間(合計)にしています。

しかし、やはりできない日ももちろんあります。でも私はあまり無理をせずに1週間に5時間を目標にしているので、あとで調整するようにします。

たった15分間は集中するぞ!くらいでも、積もり積もればかなりのものが覚えられます。特に英単語を攻略するにはもってこいの方法だと思います。あなたもぜひお試しください。

 

3-2-2. 【英語100時間攻略法】

【英語100時間攻略法】についてお話します。

今の【15分ひと区切り勉強法】の続きの話ですが、世界で超一流と言われるほどのプロになるには、最低10000時間必要だって、聞いたことありますか?なるほど、と思いました。

 

確かに、これというものに集中して来る日も来る日も取り組めば、一流レベルになることは見えていますね。しかし、そうなるためには、10000時間ってこのくらいかかるそうです。

  • 毎日4時間ずつ 約6年10か月
  • 毎日8時間ずつ 約3年5か月
  • 毎日12時間ずつ 約2年3か月

 

ただやっていればいいというのではなく、集中して取り組むということでプロの域に達するのです。しかし、そこまでは気が長いから、1000時間ならどうでしょう?

そうすると、

  • 毎日3時間ずつ 約1年

これはどう?できそうですか?

 

実は、このくらい一日に集中して3時間を1年間というのは、英語漬けの環境(留学とか海外赴任とか)にいるのと同じくらいだ、と聞きました。英語を実際に使う時間の累積がこのくらいだということです。

確かに、私の留学時代もずーっと24時間通して英語を使うかというとそうではありませんでしたね。

食事や睡眠、メールなど、、、英語以外の時間も多いから、平均するとやはり3時間だったかな、と納得しました。

ですから1000時間を1年やると、1年間の留学に匹敵するというわけです。面白いですよね。

 

ある独学で英語を極めた人がこう言っていたのを思い出しました。 「英語なんてのはねぇ、日本にいたって一日3時間、3ヶ月もやったら身につくもんなんだよ」と。。。た、確かに、、、そうですがねぇ。

 

しかし、あなたがまだ1000時間も費やす気分でもないとしたら、では100時間はどうでしょう?と考えてみました。そうしたら、実践可能な時間だと思いませんか?

  • 毎日1時間ずつ 約3ヵ月半

となります。

 

約3ヵ月間も毎日英語を1時間して行ったら、、、伸びる気がしませんか?それも集中した1時間ですよ。かなり上達するのは見えています。

なんか、私も俄然とやる気が湧いてきましたよ。それを早めたかったら自分でスケジュールして行けばいいわけですから。

 

【15分ひと区切り勉強法】を取り入れたら、毎日ノートやカレンダーに『15分を1単位』として、一日何単位やったかをレコーディング(記録)していきましょう。4単位で1時間ってことですね。100時間は、400単位ってなります。

その1単位(15分間)は、とても貴重なものです。タイマーをかけてもいいですね。

その間にもし電話がかかってきたり、Line が入ってきて中断したとしたら、、、もちろん1単位は取れなかったということに〜。(笑)そこは厳しくしましょうね。

とにかく、集中したクオリティの高い15分間にしないといけません。ただ時間を記録するのではないのですから。

 

そして、100時間ごとに勉強法を見直していきます。どれがおろそかになっていたか、どこがうまくいったかなどチェックしてみると、あなたの上達も手応えとして感じるはずです。

やはり上手になっているという感触を持てるとますますやる気になるってものですよね。

 

なぜこの方法を勧めようと思ったかというと、誰でも目標になるものがハッキリとあったら達成しやすいことに気がついたからなんです。ただこのテキストやるといいよとか、英文法やるといいよと伝えてもなかなか本気を出してもらえません。

 

そこで、思い出したのです。私のお花のやり方を!
私のNYでの職業は、フラワーデザイナーです。

私のNYのフラワーアレンジメントのスクールでは、初級・中級・プロ科と3段階に分けてレベル別テストをしてレベルアップするカリキュラムを提供しています。

合計60レッスンあるのですが、「ここまでやればこうなる」ととても「見える化」がハッキリしているので生徒さんもやりやすいのです。みなさん、全くの初心者から始めてプロになる人もいるくらいです。

 

それと同じで、英語も100時間やったらこうなったよ!と目安になるものを掲げ、そこをまずは目指す。そして次に行く。それを繰り返すとどうなるかな、と思ったのです。

私は別に英語でレベル別にテストしたい訳ではないので(笑)、実力を試す方法は他にたくさんあるのだから、自分で調整してどんどん挑戦していくようになるといいな、と思います。

 

3-2-3. 【週末調整勉強法】

 

そこで発揮するのは、週末に英語の勉強時間の調整をする方法の【週末調整勉強法】についてお話します。

1週間区切りとして休みが取れる日に、集中して英語の勉強する時間を確保するやり方です。名付けて【週末調整勉強法】

 

実は、英語って脳内に新しい思考回路を作ることだから、チンタラ、、、とたまにやってハイ終わりって感じでは、いつまでも初心者の域を出られないのです。

ある時は集中して取り組まないと、脳の中に記憶が定着しづらいのです

特に、語学はある程度集中してやりましょう、と達人達も口を揃えて言っていますし、私も実際に上達が目だったのは集中したからだって納得しています。

 

【英語100時間攻略法】の目標を立てたら、1週間のうちに2〜3時間ほど集中してできる時間を確保しましょう。その方が圧倒的にスピードアップしますし、英語も上達します。

ただ、毎日【15分ひと区切り勉強法】だけを繰り返していても、多分物足りなく感じるはずです。

ですから、スケジュールする時は、1週間単位で【週末調整勉強法】を組み込んで行きましょう。そして、早くに100時間を達成してみてください。

大きな進歩は確実に感じられるはずです。それに弾みをつけて、次の100時間を頑張るようにして行くのは大変オススメな方法です。

 

まとめると、日々の英語の積み重ねは隙間時間を活用した【15分ひと区切り勉強法】。そして1週間ごと区切って調整して行く【週末調整勉強法】で、英語の100時間勉強を達成してみてください。

そこまで行くとまた見えてくるものがあるはずです。また次の達成目標に加えていきましょう。

「効果を上げる英語の勉強方法」のまとめ

  • 【15分ひと区切り勉強法】
  • 【英語100時間攻略法】
  • 【週末調整勉強法】

(以上の3つをまとめて動画(18分)を作りました。
メルマガ10日間ミニ講座をご購読の方へのプレゼントとしています。ご興味があればご登録ください。)

 

3-3. 日々のルーティーンの見直し

「ルーティーン」とは、毎日決まったことをやる項目のこと。つまり歯磨きとか洗顔とか、毎日欠かさず自分がするべきこととして、決してストレスなく取り組んでいるもののことをさします。

その中に「英語の勉強」がルーティーン化されて行くとすごいな、と思います。

 

この「ルーティーン」を意識するようになったのは、私のビジネスの師匠から学んでから。彼の時間の使い方は朝4時半から始まって、私からみたら超過密スケジュールに見えるのですが、本人は全くそう感じてなくて毎日のこととして続けていること。これにはたいそう驚きました。

 

それで私も一念発起して早起きを決意したのですが、、、すぐにリタイア。情けないと思いつつなんども挑戦してみてはうまく行かずを繰り返し、とても無理があると感じていた頃、大変良い方法を取り入れることができました。

今では朝5時起きが日常となり、ものすごく一日の過ごし方の充実感が違ってきました。

ますますポジティブにもなってきていますので、朝型にシフトするのは大変おすすめです。時間も増えた感じがするから不思議なものです。「早起きのコツ」を掴むと一日24時間が倍になる感じがするのです

普通の24時間が価値ある24時間に変わるって感覚を得ることができました

 

また、以前の記事で、就寝前に単語の勉強や英語の見直しなどすると記憶に残りやすいとお話しました。脳科学者の意見を取り入れて勉強に活かしていく方法です。ぜひこちらも参考にしてください。

英語の勉強方法/ 脳科学と英語の深い関係 〜 10倍効果が上がる勉強方法について」の記事にてその効果を説明しています。

 

3-4. 勉強場所の確保

 

英語の勉強には、声を出して練習できるところが必要です。

大きな声を出してハッキリ発音練習するのと、せっかく時間を作って勉強していても、声が低く口をあまり開けずにブツブツとつぶやく練習法とでは、雲泥の差が出てくることになります。

 

まぁ、大きな声といっても別に叫ぶ訳ではないのですから、それなりに声を発声できる場所を探してください、という意味です。

実際の口の動き、舌の位置のポジショニングの練習は、ハッキリと声に出して練習した方が絶対に効果が上がります。それに発音も上手になります。

 

3-5. 国際人のマインドの持ち方

世界に出て行くには、「度胸」と「愛嬌」が必要であると、いつも生徒さんたちに伝えています。日本人特有の「うまくできないと恥ずかしい」という感覚は、外国人には理解されません。

その特徴などは、エリーのメルマガにて詳しくお話しています。世界に翔ぶために日本人はどのようなマインドでいるべきなのか、どのように外国で接したらいいのかなど、興味がある方はお読みください。

日本人はもっと誇りを持って世界に出ていきましょう。

せっかく身につけた英語を活かすために、やはり英語以外に身につけるべきこととしてご紹介いたします。日本人として海外で活躍するには必須の考え方、捉え方になります。

 

3-6. モチベーションの保ち方

英語学びのモチベーションと言えば、やはり目標設定の話に戻るでしょう。モチベーションは、やる気の話です。また意欲とか情熱とも言えるかもしれません。

世界の永遠のベストセラーのナポレオン・ヒル著の「思考は現実化する」を読むと、夢の叶え方が超・納得します。身につけると良いことを、なるべくオリジナルの英語バージョンで覚えるのもいいですね。それもまたこれからブログで少しずつご紹介していきたいと思います。

 

3-7. 目標達成の成功法則


目標を達成するための絶対法則というものがあります。いろいろ私が試行錯誤していて見つけてしまいました!

これなら絶対に生徒さんたちの勉強がうまくいくだろうことが!しかも、これらを身につければ他のどの状況においても成功間違いなしだとするものを!

 

これは英語の学習成功だけに当てはまるのではなく、これから何をやるにしても目標が達成でき、楽しみながら夢を叶えるメソッドだと思っています。

 

しかし、こちらの記事でご紹介するとなると英語でラジオ学習するための補強の話で、またボリュームもあるので、いずれ別記事にてご紹介して行こうと思います。

今回は、上記の6つのスキルと勉強のスケジューリングの3つのテクニックだけ教えました。

 

ではここで、トピックだけご紹介します。わかりやすいように、またエリーがネーミングしました。大きなくくりでは3つあります。

【目標達成の成功法則】

① Sleeping Beauty Success Theory
スリーピングビューティー成功論

② 3 Magic Timer-Rules for Success
成功する3つのシンプル魔法のタイマー理論

【1-5-15-Success Method】
〜1-5-15のサクセスメソッド〜

● 1 minute – Refreshing Exercise
1分 – 気分転換エクササイズ

● 5 minutes – “Can’t change it” Theory
5分 -「過去は変えられない」論

● 15 minutes – Study Golden Rule
15分 – 勉強のゴールデンルール

③ 時間を生み出す魔法の法則
朝型人間の人生成功術を簡単に取り入れる方法

 

これらは、私が脳科学者の本やアメリカで成功した人たちのルーティーンの法則などを知り、私が実際にやってみて納得したものです。

エリーの生徒さまには、絶対に英語学習を楽しく続けて英語で可能性を大きくひらいていって欲しいので、英語のスキルと共に一緒にやっていきたいと思い、英会話のオンラインプログラムに取り入れています。また、メルマガでもご紹介していきますので、ご興味の方はぜひご登録ください。

 

積極的なマインドと時間の使い方などが上手になると、驚くほど人生がレベルアップします。そのような方達と常に一緒に人生を楽しむことが、私が英会話を教える目的の一つでもあります。

 

4. まとめ

 

私は、たった15分間のラジオ英語から学ぶ方法として、これだけやったら絶対に英語をモノにできるよ、と強調するところから思いついて、発展させてきました。

いくら良いもの、取り組みやすいものを手にしたとしても、マインドセットが確かじゃないと続けられません。

英語学習7つの成功法則をご紹介しました。
① 目標設定
② 勉強時間のスケジューリング
③ 日々のルーティーンの見直し
④ 勉強場所の確保
⑤ 英語のマインドの持ち方
⑥ モチベーションの保ち方
⑦ 英語の勉強の成功法則
 
以上は簡単に言えば、「効果を上げる英語の勉強方法」と「タイムマネッジメント」と「意志力の鍛え方」になります。
 
「勉強時間のスケジューリング」では、以下の3つをご紹介しました。
① 【15分ひと区切り勉強法】
② 【英語100時間攻略法】
③ 【週末調整勉強法】

 

私は、本気でラジオ英語でプロになれると思って、教えています。それだけの価値が提供されていますが、きちんとやり遂げる人が少ないのを残念に思っていました。そこからこのような英語学習の成功法則を考えました。

英語の勉強は一度始めたら一生続くものです。始めからきちんとやり方を覚えて、自分でも勉強しながら成長も感じられるようになるべきだと思います。

 

英語上達に欠かせないこと、またラジオ英語で学びを進めて行きたい方にとって有意義なコンテンツを、今後も引き続きこのブログでご紹介して行きます。エリーのオンラインレッスンにご興味の方は、こちらから。

そして、メルマガでもたくさんフォローしていくので、ご興味の方はこちらからご登録をお願いします。特典として「勉強時間のスケジューリング」の3つの方法を『【今度こそ失敗しない英語勉強法】 〜 未来のあなたを創る「100時間の法則」と効率4倍のタイムマネッジメント』として18分動画にまとめたものをプレゼント中です。

ぜひ、あなたの英語の勉強に役立ててください。

 

基礎の基礎から丁寧に積み重ねていって、最終的にはず〜っと一生使えるような、また身に付けることによってあなたの眠っていた才能をスパークさせるような効力をもつ英語力を目指しましょう

 

ホップ・ステップ・トーク・イングリッシュ
【英語で可能性を拓くための10日間 無料講座】


英語はやればやるだけ伸びるって、知っていましたか?それもいつからでも出来るって素晴らしいこと!

「もう歳だから、、、」などという言い訳は、しないことです。これまで挫折したとか、今、どれだけ初級かなんて関係ないです。1年で驚くほど上達した人、続出です。

正しい方法ときちんとした成功マインドの両方があれば、必ずしゃべれるようになります。可能性は大きく開かれていきます。

今後どのような人が望まれるのかというと、、、それは、英語が鍵を握り、誇りある日本人としてもっと世界に活躍の場を広げていく人です。

英語を学ぶ目的はそれぞれお持ちだと思います。

その目的を達成するためには、まずは英語の基礎の土台作りが非常に重要です。この無料の英会話講座では、この土台を作るためのコンテンツを配信していきます。

無料メール講座の詳細を見る

Pocket