英会話上達のための英単語習得法
【英単語でブレークスルー】

英単語をきれいに発音!
30日でペラペラ英会話の基礎を作る勉強法

初心者対象:常識破りの英単語

こんにちは。駐在英語コーチで「Next Level 英会話」主催のエリー・グレースと申します。

ベルギーやニューヨークなどでの海外生活30年の経験(アメリカの高校と大学の留学、海外での子育て経験、それからNYでのフラワー起業など)から、あなたの英語の悩み、不安を解決します!

 

私が3ヶ月かかったものを、あなたは30日で「ゼロイチ」レベルを突破できます!

 

私は、高校時代の1年間、全く日本語なしの環境で英語を学びました。(今のネット社会では考えられない環境ですよね。)

周りの会話が聞き取れず、思ったことも話せずに、自分から望んで行ったものの非常に孤独を感じた大変な時期でした。

しかし、3ヶ月経った頃、突然に「ブレークスルー」が起きました。ある瞬間からハッキリと聞き取れるようになったのです。

そこからは一気にリスニング力が上がり、英語もスラスラと出てくるようになり、1年後には英語で夢まで見るほどになりました。

 

もしかしたら、それは私にだけ起こった特別のことなのかと思っていましたが、、、

その方法を教え始めたところ、生徒さんたちにも「ブレークスルー」が起こりました。

そして、英語がしゃべれずにいつまでも初級に留まっていた人たちが、英会話が楽しくて仕方ないほどになりました。

 

30日で初級の「ゼロイチ」レベルを抜け出した受講生からは、、、

 

> リスニングは本当に理解出来るようになりました。

あのようなシンプルな会話はするすると頭に入るようになったのは、確かに成果が現れていると感じました。

 

> 単なる英単語暗記にとどまることなく、リスニングにつながる勉強法。

飛躍的に私の単語力と同時にリスニング力もアップさせてくれました。

 

> 今までにない手応えを感じました。

この勉強法を続けていけば大丈夫!という、エリー先生の言葉をようやく理解できた気がします。

 

英会話のための英単語習得法とは?

私が教えたその方法は、NHK基礎英語勉強法の中で、権威ある先生方によって提唱されていたものと同じでした。

それに気づいてから、私は急ぎ、音声プログラムにまとめました。

そして、これが英会話への最短距離であると確信しています。

受験用の英単語をペラペラ英会話にうまく応用すると、
聞き取れるし、英語が話せるようになります!

 

私が最初に3ヶ月間かかった「ブレークスルー」を、たった30日で起こすことができる方法です。

 

もしかして、あなたは、、、

 

● 英語が上達しないのは、単語力がないからだって思っていませんか?

● 外国人に話しかけられたのに、相手が何言っているのかさっぱりわからない、聞き取れない、って悩んでいませんか?

● せっかく話す機会が訪れたのに、言いたいことが口から出てこない、ってもどかしく思っていませんか?

 

英語を本気でしゃべれるようになりたいなら、きっとあなたはこう思っているはず

 

● 海外生活や海外旅行を心から楽しみたい!

● ネイティヴの親しい友人を作りたい!

● 一生使える英会話を身につけたい!

 

英語を英語のまま理解できて、周りの話についていけて、その文化を丸ごと吸収できたらどんなに面白いことでしょう、と思いませんか?

本当の話、英単語力がつくと、あなたの英語のお悩みの80%は解決されます!

 

特に、駐在妻、海外在住の方、海外駐在、留学、出張や英語を本気でしゃべれるようになりたい方に、もっとも有効な、しかも早く確実に攻略出来る方法です。

たった30日で、一気に「ゼロイチ」レベルの初級の域を抜け出してペラペラ英会話の基礎力をつける方法をご紹介します。

【英単語でブレークスルー】Online Program

たった30日で、苦手だった英単語が克服できる!

初心者対象: 常識破り、ペラペラ英会話のための英単語習得法

 

いつまでも初級レベルにとどまっていたくないですよね?

一気に「ゼロイチ」レベルの初級英語を抜け出しませんか?

日常会話に困らない「英単語力」と「発音力」と「リスニング力」が同時につく、一挙三得のメソッドです。

 

英単語力は、英検4級レベルから、一気に英検2級レベルまで跳ね上がります!

それと同時に、驚きの「発音力」と「リスニング力」がつくので抜群に効率がよいです。

 

英単語力がついた後に英会話の練習に集中すると、早い段階で英語がしゃべれるようになります!

 

受験用の英単語をペラペラ英会話にうまく応用すると、最初にリスニング力が上がるのを経験いたします。

そこからは、英会話上達が早いのを実感するでしょう。

私が経験した通りに、受講生の方達もなっていますよ。

そんな30日間の英単語習得プログラムをご案内します!

【英単語でブレークスルー】の対象者

たった30日で、苦手だった英単語が克服できる!

日常会話に困らない英単語力と発音力とリスニング力がつく、一挙三得のメソッドです。

対象者は、英語初級の方:

● 英語の勉強をやってはみるものの、今までちゃんと続いた試しがなかった。

● 上達が実感できず、モチベーションが続かずに英会話学校に行っても楽しくなかった。

● 海外留学しても海外駐在しても、現地に住んだからと言って英語力が上がらずガッカリした。

● 突然に外国人と話す機会が訪れても、単語さえも口に出てこなくて悔しい思いをした。

● 英単語はいずれ必ずやらなければ、上達はないとわかっている。

 

英語を早くしゃべれるようになりたいのに、ちっとも上達しない。

そのような、理想と現実のギャップに悩んでいるかもしれませんね。

以上の全てのお悩みは、私に寄せられる英語の悩みなんです。

 

私がお勧めする英語ペラペラになる方法は、まずは「英単語」から攻めていき、次に会話のレッスンを進める方法です。

これが最も効率よく効果があり、初心者が30日で基礎固めを実感できるので、その後の英会話のレッスンもスムーズに行くようになります。

その理由とメソッドをこれからご紹介いたします。

 

【 語彙力がもっとあれば、、、 】

あなたの英語の悩みは、もしかして、お金を貯めて短期間でも英語の勉強を兼ねて現地に行ったら解決すると思っていますか?

いや〜、しかし、行ったはいいが思った成果が上げられずにがっかりしたという声を、私は本当によく聞きます。

長く海外駐在しても同じこと。現地で周りはネイティヴだらけなんだから、簡単に英語力がアップするのかというと、実はそうはならずにガッカリするものです。

行ったらなんとかなると、多くの人は思っています。

周りの人がしゃべっているのだから、だんだんと出来るようになるんじゃないの?とも。

しかし、やっぱりもっと英語の基礎力をつけないといけない、と思い知るのですね。

それには、まずは「英単語」をもっと覚えるべきだとも。

 

ついこの前、バリ島に旅行した方からもこんなぼやきが届いたばかり。

> レストランで私の卵料理がこなくて催促してみたら、なんとか通じました。
でも、やっぱりもっと単語とか勉強していけば良かったなーと反省してます。。。

 

語彙力があれば、もっと自由に話せるはず。もっと海外生活を楽しめるはず。資格試験も楽なはず。

これはほぼ100%皆同じように悩み、同じように考えることなんです。あなただけの問題ではありません。

 

では、英単語をやらなければいけない、もっと覚えないといけないとわかっていながらも、なぜできないのでしょうか?

1番の問題は、面倒くさい?大変だ?暗記は苦手だから??

それはもっともなこと。

今さら、大人になっての英単語暗記は特に苦痛に感じることでしょう。

しかしながら実は、そんなあなたの心の中の叫びはこうです。

 

顕在意識(頭でわかっていること)では、「英単語は覚えないと始まらない。やったら英語力が伸びるってわかっている。」

でも潜在意識(気がつかないけど、行動を支配しているもの)では、「覚えるのが大変。面倒。シンドイ。」

そんなギャップに悲鳴を上げている状態。

それに、そんな状態が毎年、毎年繰り返されている。。。去年とちっとも変わらずに、いつか〜と思っている。

 

そんな感じではありませんか?

しかし、心のもっと奥深いところでは、「自己成長したい」「発展したい」と思っている。

これは確実にみんなそうだと思います。

 

 

特に、このような英語勉強法に興味があり、このレターをここまで読んでいらっしゃるとすれば、心のどこかに必ず「成長願望」があるはずなのです。

それに気づいてください。そして、大切にしてください。

毎年同じことを繰り返さないようにしてください。

あなたは、英語が本気でしゃべれるようになりたいのです。

英語の実力をつけたいはずなのです。

そうではありませんか?

もしそうなら、この勉強法がとても役に立つはずです。

なぜなら、もうすでに5万人の方に試されており、ものすごい成果を上げた方法だから。

やれば結果がついてくると証明されているからです。

e-m3

なぜ5万人にも??

それは私の成果ではありません。この勉強法を生みだしたカリスマ英語教師の関正生(せきまさお)先生のご紹介する方法です。

関 正生先生は、オンライン予備校「スタディサプリ」の人気講師で、たくさんの英語の本を書かれています。

私のオススメする勉強法に採用させていただいたのが、こちらでご紹介されているメソッドです。

引用:
「世界一わかりやすい英語の勉強法」
関 正生(著) KADOKAWA/中経出版

「1ヶ月1000単語習得法」

 

それが、たった30日のうちに1000語を覚えられるという画期的な方法なんです。

まさか〜、と誰もが思うはず。

でも、関先生がこれを生み出された背景を知ると、納得ですよ。

英語の初心者さんの救世主のような方です。

ご自身が英語の不得意をどうやったら夏休み中に克服できるかと、一人で実践した結果、驚くほどの効果が上がったそう。

その後は英語が超得意になり、ついにはカリスマ講師にまでなって英語の本を何十冊も書かれるほどになったのです。

 

「1ヶ月1000単語習得法」の効果

● 英単語のつらい、面倒、大変が極力軽減される。

● ご褒美に一生モノのリスニング力がつく。

● 発音が抜群によくなる。

● 本当に頑張るのは、実は最初の20日間。そこを抜けるとNext Levelのあなたになる。

● 30日後には違う世界が見えてくる!

 

いかがでしょうか?

本当にそうなったらいいなぁ、、、と思いませんか?

なぜそれが実現するかの理由としては、

関 正生先生曰く、「うろ覚えを繰り返す」のが特徴だから、決して暗記目的でやるのではないから出来るのだと。

関 正生(せきまさお)先生を知ったきっかけ

私が関 正生先生の「1ヶ月1000単語習得法」を知ったきっかけは、ラジオ基礎英語のテキスト

私が推奨しているNHKラジオ基礎英語勉強法があります。

その基礎英語2のテキスト夏休み号の巻末特集(2017年度と2018年度版)に載っていたからなんです。

基礎英語2とは、中学2年生レベルの内容を1年かけて勉強するテキストです

 

その中で、関先生が夏休みの1ヶ月で英単語力をつけなさいと、メッセージを送っていた記事を読み、これはすごいと思って紹介したいと思いました。

しかしながら正直に告白すると、やはりたった1ヶ月で1000語も本当にやれるのかなぁ、生徒さんたちに勧めてもやろうとするのかなぁって、半信半疑でした。

だって、大人はすでに受験英語で英単語暗記の苦しい経験をしたから、それを連想して尻込みするに決まっています。

でも、英単語本はどれでも好きなものを選んでいいとは言うけど。。。

 

そんな中、とても熱心な受講生のお一人、りかさんが「私、やってみます!」と宣言して、私がお勧めする英単語本(後述)を一人でどんどん進め始めました。

どうしても英単語力をつけたいと。

どうしても英語を上達させたいからと、受験勉強のように頑張りました。

毎週のように報告が上がってきて、30日経った日にはご自分の成果に満足して、思わずJTBに立ち寄りNY行きの旅行を予約してきたという。。。

うわ〜、よく頑張ったね、と私も嬉しかったです。

 

しかし、、、ちょっと待てよ。
それはもしかしたらりかさんだから出来たことかも。。。

やはりそんなたった1ヶ月で1000語も一人でコツコツとやれる人は、そうそういないだろうと、なかなか心から勧められないでおりました。

 

【 飛嶋先生の発音優先の原則 】

そんな中、またすごいタイミングだと思うのですが、

今度はラジオ英会話のテキスト巻末特集にまた別の英単語学習法 –「発音優先の原則」が載っていました。

現役の高校英語教師の飛嶋 日出樹(とびしまひでき先生)がご紹介している英単語学習法です。

それは「発音優先の原則」として発音を重視するものです

引用:
『英語学習のコツ』*著者:飛嶋 日出樹

NHKラジオ英会話-2018年5月号巻末特集

 

私はその目的とやり方を見たら、私の高校時代17歳の留学経験を思い出したのです!

そうだった!わたし、これをやっていたんだ、と気づいたのでした。

 

飛嶋先生のご紹介する方法は、英単語学習の最初には必ず、英単語をスラスラ発音できるようになるまで音読練習をするというものです。

言葉は音が基本」だからです。

 

高校留学の初期、私が全く英語がしゃべれなかった時。周りに日本語を話す人がまるでいない環境で1年間過ごした時にゼロから身につけた英語力。

私がまるで話せなかったのが、どうやって話せるようになったのか、どんな経緯で英語力がついていったのか。

英語力をつけたというより現地で過ごすうちに自然とついていった、と私は勝手に解釈していたのですが、実は無意識にも実力アップの方程式にピタッとハマっていたのに気づいたのです!

 

私の中で、関先生と飛嶋先生の英単語学習法がピカッとスパークして結びつき、これは私がやっていた方法だったとわかった瞬間でした。

再現性があると確信しました

もう絶対に自信を持って英単語の実力をつける方法はこれだ、と生徒たちに紹介できると思って嬉しくなりました。

それから急いで、英単語音声プログラムを作り「英単語でブレークスルー」と名付けました。

まさに、私がそれで英語をブレークした経験だから。

 


【 エリーの英単語体験談 】

私に起こった留学先の状況は、こうでした。

私はそれまで英語が得意だと思って意気揚々と乗り込んだ留学先は、全くもって通じないという環境。

周りに誰一人、日本語でヘルプしてくれる人がいませんでした。

 

そこで私は、常にポケットサイズの日米英和・和英辞書(三省堂)を持ち歩くことにしました。

やはり最初は自分の依頼、要求を満たすことが大切ですよね。

その時は、必ず和英辞書を引いてその箇所を指差して伝えていました。

 

そうするとどうなるかというと、その場で相手は必ず発音してくれて、リピートしてくれて、私にわかるようにシンプルな英語で教えてくれるのです。

身振り手振りを交えながら。

そうやって少しずつ英語が身についていったという経緯がありました。

 

そうなんです。最初は自分にとって必要な英単語からだったのです。それも正しい発音とともに。

さらには、その英単語が使われているセンテンスとともに。

 

どうでしょう?

きっとあなたも言葉の通じない異国の世界で生き延びるために、同じことをするって思いませんか?

まずは重要な単語を覚えることから始める

そして発音を真似てコミュニケーションを取ろうとする、と。

 

私はその後、ある程度の英単語が貯まった時に一気にブレークしました

わからない、話せない状態が3ヶ月続いたけれど、、、

ある瞬間、周りの英語の音がいきなりサーっと耳に入ってきて聞き取れるようになったのです。

あまりにも驚いて、一瞬立ちすくんだほどでした!

e-m2

1.「英単語でブレークスルー」
CONTENTS

【 英単語を覚えるときは発音も一緒に! 】

英語の初級者は、私が体験したようにこの順番で英語を習得していくことをお勧めします。

最初からこのように進めると、大変効率がよいです。

 

1. まずは英単語の意味と音をリンクさせて(=基礎)覚える。

2. それを簡単な文章で使えるように(=応用)する。

(これは英会話の練習法なので、このページでは説明を割愛します。詳しくは【Next Level 英会話メソッド・オンラインプログラム】で学べます。)

 

もはや受験英語のように、単語本片手に文字と意味だけ丸暗記しようとしても、決して使えるようにはなりません。

それは、大人のやり直し英語でやってはいけません。
丸暗記はもう無理です。

『英単語を覚える=発音できる=聞き取れるようになる』

この公式が、同時に成り立つようにしないといけないのです。

そう、同時にです!これが重要!

 

『英単語を覚える』 = 目で確認
『発音できる』 = 口から実践
『聞き取れるようになる』 = 自分が言えるのは(発音できるのは)、音を認識できるのだから聞き取れる!

 

 

その方法で、「あっ、この単語わかる!これも!」と、瞬時に意味が理解できる単語を増やしていくことが肝心です。

その最低ラインの単語数は1000!!

これは一見難しそうに思えるかもしれませんが、
ところがところが、、、トレーニングしたら、誰でもできるようになります。誰でもです!

うまくトレーニング出来るように、私が音声プログラムに作りました。

そうなんです。暗記術ではないのです。

まるで毎日エクササイズして体を少しずつ鍛えるような、トレーニングみたいもの。

 

『英単語を覚える=発音できる=聞き取れるようになる』

これが出来たら、効率がいいですよね?

この公式が同時に成り立つ音声プログラムが「英単語でブレークスルー」なのです。

 

特に、このような方にお勧めします!

〜 英語の基礎力をつけて本気でしゃべれるようになりたい方、海外駐在妻、駐在員、海外旅行、留学、出張される方たちにも喜ばれています。 〜

 

● 英語がシンプルな会話でさえもしゃべれない。

● ボキャブラリーを圧倒的に増やしたい。

● 発音がうまくなりたい。

● できるだけ短期間で英語をマスターしたい。

● 効果のある英語の勉強法を知りたい。

● 英語ができるようになって自信をつけたい。

● 海外で不安なく過ごせるような自信が欲しい。

● 海外の映画やドラマやブロードウェイショーを英語で楽しめるようになりたい。

 

 

脳科学的には、一気にやると覚えることがスムーズに行くのがわかっています。

チンタラといつまでも時間をかけてやっては効果は現れにくいという欠点があるからです。

英単語は、本気で英語を身につけたいと目指すなら、いずれいつかは覚えないといけないものですよね?

だったら、最初にここからスタートを切る方が効率がいいです。

 

誰もが、英単語をどうやって増やせばいいのか知りたがっています。

しかし、とても面倒なことだってことも知っています。

だから、ついつい避けてきたのではないでしょうか?

 

その気持ちはよ〜くわかります。

実は、他の英語の権威者たちの方法を見てみると、私だけではなくみ〜んな同じことを言っているのがわかりました。

 

幼児英語教育の権威者も受験の神様も英語の達人たちも、英単語から挑戦した方がいいって

ということは、やったら絶対に効果があるってことなのです!

 

【 なぜ英単語1000語なの? 】

 

 

基本英単語は、ネイティヴの日常会話では約2000語が必要と言われます。

しかし、超頻出の英単語数は約1000語なんです。

そのくらい覚えていると、その後はものすご〜く楽になります。

一説によると、TIME紙に書かれている英語の80%は、この1000語でカバーされていると。

だから後に資格試験に挑戦したい方は、マストの基本英単語なので多いに役立ちますよ。

 

この基本英単語の1000語は、実は、中学1年と2年生で学ぶものがほとんどです

多分、初心者はほとんど覚えていないでしょうが、、、(汗)

今は、それがセンター試験にでる必須の英単語になっているものなのです。

それを30日で一気に覚え直す方法が、関 正生先生の「1ヶ月1000単語習得法」を土台にした音声プログラムの「英単語でブレークスルー」です。

 

まさか30日で1000語も、、、と

誰もが無理!って最初は思うものですが、

いやいや実際のところ、嘘ではなく誰でもできるんです。

 

しかし、本だけで独学でやるとするとめげるでしょうが、音声と一緒にやると出来るようになるのです。

これが一挙三得の方法。

 

事実、それをやった受講生たちの実力がぐ〜んとアップしています。

その後に実際にバイリンガル並みになっていますよ。

 

どのくらいかと言うと、、、

英検3級がほぼ満点合格レベル。英検準2級も英検2級も楽勝になった生徒さんがいます。

だから、この方法でまずは一気にやってしまうのが英語習得の早業と言えましょう。

 

【プログラムをやり終えた生徒の声】

* 「パッと英単語を聞いて、ピッと一瞬でわかるようになるもんなんですね。

リーディングがとても楽になりました。」

 

* 「30日間の英単語1000への挑戦は、とても意義あるものでした

1日もさぼらずやれた私に、「おめでとう!」です。繰り返しの大切さは、実感です。」

 

* 「あっ、その単語知ってる、知っている!あっ!これも!となりました。

そして、5分間の「エンジョイシンプルイングリッシュ」の番組が、ほとんど聞き取れるようになってびっくりです。」

 

注記:「エンジョイシンプルイングリッシュ」とは、NHKラジオ英語の一つで、一話500語前後の平易な英語を聞くという1回5分の番組。毎日のテーマが変わりショートコメディや日本昔話などが聞けて、初級のリスニングに最適。

 

捉え方としては、脳内に「基本英単語1000語の英語のデータベースを短期間に構築する」ということ。

これが、あなたの英語上達にとってターニングポイントとなるはずです。

 


【 リスニング力が上がる訳 】

 

英単語力をアップさせた後に、会話文を練習していくと早い段階で英語が話せるようになります。

なぜなら、頭に入れた英単語力を元に、どんどん応用していけるようになるからです。

またこの英単語習得法だと、発音が鍛えられるためにとても発音が綺麗になります

すると、自動的にリスニング力がぐ〜んとアップするのが大きな特徴です

自分が発音できるものは、聞き取れるようになるからです

リスニング力がアップすると、文章をそのままリピートするのが楽になるので、イントネーションがとても綺麗になります。

そして、このようにして身につけた方法だと、嬉しいことにリスニング力は一生衰えません!!

そうなんです。

スピーキングは練習を怠ると話せなくなりますが、リスニング力はちゃんと身についたら衰えないんですよ。

朗報でしょう?

そうなったら、嬉しいですよね?


 

【 関 正生先生のメッセージから 】

しかし、なんか難しそうに感じますか?

自分には無理って思いそうですか?

なんか、私がどんなに大丈夫だよ、出来るからと言っても信じがたいと思われるかもしれません。

それは無理もないことです。

常識から考えたら、というか聞いたこともない方法だから、型破りなメソッドに見えますものね?

確かに、ただやればみんな出来るってものではありません。

絶対にやるってマインドが決まった人にしか効果が出ないのは確かです。

だから、「自分には出来るかどうかわからない」と不安に思う人にはお勧めしません。

しかし、心の準備が出来た人にはぜひ進めて欲しいし、また関 正生先生が基礎英語に書かれたこちらのメッセージにピンと来るなら、これはもう今あなたが始めるタイミングだと思います。

 

ボクが見ている英語の世界を君に伝えたい
〜14歳のためのカクシン的英語学習案内〜

引用出典:「NHK基礎英語2」2017年8月号 p.138より
著者:関 正生 (オンライン予備校「スタディサプリ」講師)

英語の勉強がつらいと感じる方へ。
必要なのは、ほんの少しのルールを知ることと、英語の見方を変えること。

【 1ヶ月 “1000単語” 習得法 】

夏休みの1ヶ月を利用して、英語学習に革命を起こす試みとしてご紹介。
短期間のうちに何度も繰り返す方法。
短期決戦型。テキスト本は自由。

「コツコツやる」ことは大事だけど、一度腹をくくって、ほんの1ヶ月だけ集中して取り組むことができる人は、ぜひトライしてみよう。

ポイントは、「ウロ覚え」を繰り返すこと!

具体的には、ズバリ「1日200個 X 5日」で1セット(1周)と考え、それを「1ヶ月で6セット繰り返す」方法。

そんなことは無理と思った方もいるでしょう。

ここでのポイントは、1日で完璧に覚えることはない。1日で覚えるのではなく「目に焼き付ける」だけでOK。

ウロ覚えを繰り返すだけ。

そうすると、手応えは「5セットめ」から。

5日で1セットだから、開始6日目からは2セット目に入る。これをひたすら6セットめまで繰り返す。

6セットも繰り返せば、90%以上の単語の意味はスラスラ出てくるようになる。

「1日200個 X 5日」 X 6回 = 30日間で 1000個

5日に1回は必ず同じ英単語に目を通すことになる。

暗記の感覚を開けないことが大事。

つらいのは最初の4セットめまで。つまり、最初の20日間を耐えられるかどうかの勝負の分かれ目となる。

この20日間は時間もかかるし、2回、3回と見ているはずなのに全然覚えていないかもしれない。

4セット目まではあまり効果が出ないものと覚えておこう。

しかし、5セットめから手応えが出てくるはず。ほとんどの単語の意味を言えるようになる。

少なくとも「見覚えはあるな、意味は確か、、、」という状態に。

そして、次の6セットめでは大ブレイクする。

ちなみに、英単語本はどの本でもOK。
あまりに最初の方が簡単なものは、途中からでもいい。

【 「ウロ覚え」のペースとは? 】

「ウロ覚え」がどの程度かというと、「1時間100個ペース」。

(1) 今この瞬間「覚えた!」と思ったら、次へ進む。

(2) 最初から知っている単語は無視する。

(3) 簡単な単語は数秒目を通す。難しい単語はじっくりと。

(4) まずは英語を見て日本語が出てくればOK。

(5) 「書く、書かない」は好きなように。 (覚えさえすれば何でもいい / 書く回数も無視)

この方法は絶大な効果があるけれども、1日に2時間、単語に時間を使わないといけない。

しかし、2時間連続でやる必要はない。30分X4回、20分X6回のように取り組んでもよい。

大変だが英単語の悩みが一気に減るから、やる価値はあるが、自信がない人は目標数を例えば500個に減らしてもよいかも。

これでもたった1ヶ月で500個もの単語を覚えられるとすると、それだけでも相当に英語ができるようになるはず。

とにかく挫折しないこと。
つまり最初の4セットを乗り切ることが成功への鍵となる。

目標を達成したときには、あなたが見る英語の世界が必ず変わる。
その日を夢見て取り組んで欲しい。

参考図書:「世界一わかりやすい英語の勉強法」 関 正生(著) KADOKAWA/中経出版

 

いかがでしょうか?

この関 正生先生の提唱する「1ヶ月1000単語習得法」を土台にして、「発音優先の原則」を結びつけて30日間の音声プログラムにしたのが、エリーの「英単語でブレーススルー」です。

 

【 30日間の音声プログラムとは? 】

 

1日でトレーニングする英単語をエリーの音声でパンパンとリズミカルに発音してある音声を作りました。スマホでもちろん聞けます。

音声と同じように発音しながら音と意味を結びつけて行くことから始めます。

音を聞いた途端に0.1秒で意味がわかるようになるのが最終地点です

音声は2種類ありまして、一つはゆっくり目に2回づつ発音練習のもの。もう一つは1回づつネイティブの発音並みのスピードのものです。

だいたいは一つの音声が2分ほどですので、5回リピートしても10分ほどで済みます。

だからあなたのすることは、テキストを開き音声をクリックして、一緒に発音しながら覚える練習をするだけです

 

まとめると、私の提唱する方法はこうなります。

「覚えるのではなくて、音を聞きながら一緒に発音していって、なんども繰り返す。その結果、暗記した状態になる。」

 

使用するテキストはこちらです。

「Database 3000」5th Edition 出版:桐原書店
* (テキスト購入される方用のAmazonリンクです。)

 

【 付属のCDではダメなのですか?】

英単語本にはCDが付いていたり、音声ダウンロードが出来たりしますね。

それを使うメリットとしては、発音を確認できること。

しかし問題点は一つの単語の進め方が、だいたいは単語を言って、次にその訳、そして例文の順番になっているのが多いので、それでは勉強時間がかかるりすぎることです。

1回聞くのはいいですが、なんどもリピートするにはかったるいと感じてしまいます。

なので、もちろん独学で進められるように作られているから有効ですが、私の好きな方法ではないから、音声だけを取り出して単語のみをリズムよく録音することにしました。

いわゆる速習用ですね。

早く、リズミカルに、確実に!を目指しています。

2.「英単語でブレーススルー」の進め方
HOW TO STUDY

【 30日間音声プログラムの「英単語でブレーススルー」の手順 】

では、その攻略法の手順をご紹介します。

 まずは、テキストをご購入ください。

 

【Next Level 英会話メソッド・オンラインプログラム】の受講手続きをしてください。

受講生サイトからは、英単語を身につけた後に学ぶ『NHKラジオ基礎英語から一流グローバル英会話』をも学べます。

 

【Next Level 英会話メソッド・オンラインプログラム】の受講生サイトから、次のいずれかの30日間メール講座にご登録ください。

1.『英単語攻略 in 30 days / Level 1〜4』 「英単語ズーム de レッスン動画付き」(約1000語)の30日間メール講座

2.『英単語攻略 in 30 days / Level 1〜4』 (約1000語)の30日間メール講座

 

なぜ、最初に【Next Level 英会話メソッド・オンラインプログラム】の受講をするのですか?

 

実は、「英単語でブレークスルー」のプログラムは、エリーの「基礎英語勉強法」を進めるスピーキングのためのオンライン講座【Next Level 英会話メソッド・オンラインプログラム】の中に組み込まれているものです。

『NHKラジオ基礎英語から一流グローバル英会話』のオンライン講座を学ぶ人に対しての英単語攻略法としてご紹介することにしています。

 

英語を本当にしゃべれるようになりたいならば、英単語はただの通過点に過ぎません

英単語で基礎力をつけて、その後にその単語を当てはめられるように、英会話の練習をしていかないとしゃべれるようにはなりません。

 

わたしがお勧めするのは、「英会話のための英単語習得法」です。

受験や資格試験のための方法では、絶対に上手く行きません。

何年勉強してもしゃべれるようにならないのは、経験しているはずですね。

 

しかし、受験用の英単語本は効率よく覚えるのに適していますから、大人の英会話用に有効活用させてもらって実力をつけて行きましょう。

 

エリーの勧める「基礎英語の勉強法」から英会話ができるようになると、一生自分で続けていける実力をつける事が出来ます

そうなったらシメたもの!

英語は勉強ではなく趣味になり、楽しくて仕方なくなります。

 

その受講費用は?

 

オンラインレッスン受講費は月額5,500円です。

それも最初は1週間ほどお試し受講期間があります

その1週間のあいだに受講サイトを確かめて、勉強方法の動画を見たり、テキストを用意したりしてください。

 

英単語プログラム終了後は、身についた英単語から会話の練習をしていく『NHKラジオ基礎英語から一流グローバル英会話』を学びたいのであれば、続けて受講していただけます。

その場合は月額課金の5,500円になります。

キャンセルはいつでも出来ます。

またお試し期間内であれば受講費用は発生しませんので、安心して受講していただけます。

基礎英語勉強法はしないで英単語プログラムだけしたい方は、初月の受講費のみで学ぶことが出来ます。

 

 

【 英単語でブレークスルー 】のまとめ

1. 身につけたら一生役立つ英単語攻略プログラム

2. 基本英単語1000語と同時に、きれいな発音になります。

3. この後は、リスニングに困ることがなくなります。

4. ゼロから最短距離で英単語力をつける方法です。

5. 簡単そうで難しい基本の前置詞や基本動詞の使い方もわかってスッキリします。

6. 語彙力アップ、発音上達、いざという時スラッと出てくるスモールトークの原型、そして一生もののリスニング力が身につきます。

7. 「英語は楽しい!」を実感できます。

 

《 特徴 》

1. すでに5万人以上に実証済みの方法が土台

この英単語攻略法は、テキスト「基礎英語2」夏休み特集号で受験のカリスマ講師の関 正生先生がご紹介されたものを土台としました。

夏休みの1ヶ月に1000語を攻略してしまおうというものです。

ご自身の体験から多くの受験生たちに勧められ、なんとすでに5万人もの人たちが実証された方法とのことです。

 

2. 発音記号通りの発音音声と英単語のリンク方式

「ラジオ英会話」の上級テキストでも勧められていた「発音優先の法則」も取り入れました。

「単語は見てわかる」のはもちろんですが、「正しく発音できる」のも重要です。

特にアクセント(強勢)の位置は、声に出して練習しないと身につきません。

確証の方法に音声をプラスして、またエリーの体験からの法則も取り入れて音声プログラムに作りました。

使うテキストは、『DataBase 3000 基本英単語・熟語 5th Edition』 出版:桐原書店

本来なら、エリーの留学時の体験のようにその場ですぐに発音矯正してもらいながら進めるのが最良でしょうが、独学ではそうはいきませんね。

そこで、英単語の発音は、テキストに載っている発音記号に忠実に収録しました。

練習しているうちに、だんだんと発音も上手になっていきますから、楽しみにしていてください。

実際に、受講生全員の発音が確実に綺麗になりました。

 

3. 暗記するのではなく、ただ「サラサラ〜っとやる」だけ

今日覚えるべき英単語のリストを発音から始めるようにします。
(それでもだいたい1日分は5分程度の音声です。)

全単語をスラスラ発音できるようになるまで練習した後に、覚えるのです。

しかし、1日で全部覚えるのではなく、何度も「サラサラ〜っとやる」のを繰り返しながら進めていきます。

決して1日で暗記しながらやるのではありません

タイマーを使って時間を決めてやったりして、なんども繰り返す復習方式を取っています。

実はそれが脳科学的にも大変効果のあるやり方なのです。

 

4. レベルに合わせて選べるコース

基礎1と基礎2レベルから、発音の音声を含む30日間のメールプログラムを構成しました。

【「英単語」でブレークスルー 】には、推薦のテキスト(Leve 1 ~ 6)に従って構成された合計で7種類のコースがあります。

全て月額5500円の受講費で受けることが出来ます。(①のみプラス5000円)

 

① 『英単語攻略 in 30 days / Level 1〜4 / 「英単語ズーム de レッスン動画付き」』 (約1000語)の30日間メール講座(*一番のおススメ)

対象者: 30分間8回のフォローアップ動画で、レベルチェックをしながら確実に実力をつけたい方。
ディクテーションやリスニングチャレンジなどがあります。

 

『英単語攻略 in 30 days / Level 1〜4』 (約1000語)の30日間メール講座

対象者: 一気に力をつけることに挑戦したい方。上記①と同じ内容ですが、動画はついていません。メール講座に従って進めていきます。

 

『英単語攻略 in 30 days / Level 1〜2』 (約500語)の30日間メール講座

対象者: 上記の1000語を半分づつに区切って、前半をゆっくりと進みたい方。

 

『英単語攻略 in 30 days / Level 3〜4』 (約500語)の30日間メール講座

対象者: 上記の1000語を半分づつに区切って、後半をゆっくりと進みたい方。

 

* 上記の1000語を終了した方や、基礎英語の勉強法にも慣れてきた方には、以下の講座もお勧めです。

 

【不規則動詞と知って得する基本表現50例 / in 15 days】 15日間メール講座

不規則動詞だけは、頻出なので暗記しなくてはいけないものです。

リズミカルに音声を繰り返すと、楽に身についていきます。

Level 1 ~2 の基本英単語を使って、よく日常会話に出てくる表現を50例覚えていきます。

 

【 前置詞と基本動詞 / in 15 days 】の15日間メール講座

対象者: 基本1000語を攻略し終わった人。
前置詞と基本動詞をイメージをとって覚える方法です。
ここをきちんと抑えると、英語の実力がぐ〜んと上がります。

 

『英単語攻略 in 30 days / Level 5〜6』 (約800語)の30日間メール講座

対象者: 中級レベルの別サイト(月額6000円)よりご提供。
各種資格試験に挑戦したい方に、必須の英単語です。(→お問い合わせください。)

 

* まず最初に基本英単語1000語を身につけたら、次に④以降を進めることでさらにレベルアップ出来ます。

 

5. 毎朝7時に届くメールセミナー形式

上記の英単語コースは、いずれも毎朝7時に届くメールセミナー形式で進めます。

そのメールには、その日にやる単語のページのリンクと単語のトリビア(小話し)が載っています。

すぐにレッスンページに飛ぶことができるので、ストレスなくすっと勉強ができます。

応援メールになっていますので、受講生たちからはとても励みになると好評です。

 

受講生からは、このようなお声が届いています。

> 毎朝メールが届くと、よし!今日も頑張ろう!!と、先生のメールが背中を押してくれました。

 

> 毎朝のメールを読んで、なるほど、へぇ~と、うなずいてます。英語、そしてエリー先生との出会いはきっと、私の人生を豊かにしてくれるでしょう。そう信じて、この1000語に取り組んでます。

 

> いつも、なるほど!だったり、感動!だったり、沢山のメッセージありがとうございます。

 

6. 応援ツール:

英単語達成表のPDF:  『1000words30days』日々の進め方の管理と達成度を記録して、満足度を上げていくツールです。

エリーに報告メールを送った方には、必ずエリーから応援メールを送ります。

 

7. 何度でも再スタート可能

このメールプログラムは、やり終えた後もいつでも登録し直すことができるので、ご自身で挑戦を再度続けることができます。

復習も兼ねて、2回目3回目と日々の勉強に取り入れている方も多いです。

 

8. 30日間やりきる目標で!

ただし、この英単語プログラムには注意点があります。

これは、マインドが決まって絶対に30日間やり遂げると決意した人が進めるものです。

ちょっと興味本位で進めようと思う方にはお勧めしません。

しかし、大変なのは最初のたった20日間なんです。

そこまでは英単語がなかなか落ち着かない期間なので、20日目まで続けられないという方は成功しません。

このプログラムは、「やれなかった」というのではなく「やらなかった」という人はまたやり直すことになりますのでご注意ください。

 

以上全てを30日間のメール講座に組んだもの、それが【「英単語」でブレークスルー 】プログラムです。

朝7時に届くエリーからのメールに沿ってやっていくだけで、確実に英単語をものにすることができます。

 

これが英会話への最短距離であると、わたしは確信しています。

受験用の英単語をペラペラ英会話にうまく応用すると、
聞き取れるし、英語が話せるようになります!

 

私が最初に3ヶ月間かかった「ブレークスルー」を、あなたはたった30日で起こすことができます。

受講生の声

 

今までにない手応えを感じました。

「英単語ズーム de レッスン動画付き」を受講しました。

英単語攻略プラス
英単語ズームレッスンのダブル効果で、
今までにない手応えを感じました。

単なる英単語暗記にとどまることなく
リスニングにつながる勉強法

単語を
耳で聴いて
発音して書く

単語ディクテーション

この繰り返しが
飛躍的に私の単語力と同時に
リスニング力もアップさせてくれました。

先日のズームレッスンの
単語テストとリスニングテスト

かなりの高得点をマーク

この勉強法を続けていけば大丈夫!という
エリー先生の言葉をようやく理解できた気がします。

 

いつの間にか意味もわかるようになりました。

「レベル1~2」の単語548. 繰り返しエリー先生の発音を聞き繰り返し練習しているうちに、いつの間にか意味もわかるようになりました。

ほぼ間違えなくなりました。

エリー先生のメールでのアドバイス、特に接頭語については、他の単語でも、意味を理解するのにとても参考になりました。

 

聞き取れる単語が以前より増えた!

30日間終えました。自己満足度は80%です。最初はこんなにたくさんの英単語が覚えられるのか不安でした。

聞き取れる単語が以前より増えたと感じられるので、英単語攻略、このまま前向きな気持ちで続けていけます。

毎日のメールの内容も面白くて、楽しみの一つでもありました。これまでメールでのフォローありがとうございました。

 

ほぼ間違えなくなりました。

毎朝届くエリー先生からのメールが私を後押ししてくれます!昨日の復習単語が全部わかると嬉しいし、わからない単語があれば、すぐチェックします。

それに、先生のワンポイントアドバイスも単語を覚えるのにとても参考になります。

 

最後までやり抜いた自分に100点をつけてあげたい!

「Level 1~2」の1ヶ月プログラム完走しました!すべての単語548個の意味を言えるようになりました。548個中546個の綴りを書けるようになりました。

最後までやり抜いた自分に100点をつけてあげたいと思います。

1ヶ月間、ご指導&応援ありがとうございました!!

 

達成感半端ないです!!

30日英単語暗記に挑戦してみて終わった今、達成感半端ないです!!30日の間に何巡もするので、少しずつ頭に入って来る感じでした。

やって出来ないことはないんだ、と自分に自信もつきました。

 

こんなに沢山の単語を覚えられるなんて~自分でもビックリ

『私、頑張った!おめでとう‼ 私も結構やるじゃ~ん♪』30日間、単語の勉強を終えての感想です☆
こんなに沢山の単語を覚えられるなんて~自分でもビックリしています。

そして何より、エリーさんの励ましがあったからこそだと思います☆

『そのうち楽になるからね~』『ちゃんと分かるようになるから!単語と日本語の意味が繋がるようになるから』と、話してくれました。
その言葉を信じて良かったです!

 

『勉強を始めてから20日間はしんどいよ』
その通り‼(笑)
今は、ルーティーンやモチベーションの大切さも実感しています。

まだまだスタートしたばかりの英語の勉強ですが、これで頭の中に英語という新しいキラキラboxができたことが嬉しいです。

モチベーションを保ちながら、次のレベルアップを目指して頑張りたいと思います!

エリーさん♪
ありがとうございます‼
これからもよろしくお願いします(*^^*)

 

※ 単語のメールと共に配信される、その日の単語にまつわる内容のお話
(情報)もとても好きでした。
〖You are welcome. より My pleasure の方が丁寧 などです☆〗

 

* この他にも受講生さまからの声が届いております。詳しくは受講生サイトにアップしています。

3.「英単語ズーム de レッスン動画付き」
30日間メール講座

ENTRY

上記7つあるメールプログラムのうちの、一番のお勧めの①(動画付き)について説明をします。

『英単語攻略 in 30 days / Level 1〜4 / 「英単語ズーム de レッスン動画付き」』 (約1000語)の30日間メール講座のご案内です。

特に英語初心者に一番お勧めの方法です。

どんなに初級であっても、英語の基礎土台が30日で作れるメソッドのご紹介です。

オンラインの”Zoom”レッスンの録画版の動画レッスンを受けながら、30日間を完走するというもの。

各”Zoom”レッスンでは、エリーが発音の指導や単語のトリビア、またはよく日常会話に使われる頻出例文の紹介などをして行きます。

以前、リアルタイムで繋がって、英単語の刺激を受けるグループレッスンをしたところ、受講生たちがさらにレベルアップしたので、その録画版を提供します。

30日間のメール講座に8回ほど組み込んでレッスンをしていきます。

1回が約30分なので、補講にピッタリですね。

英単語をやる意義はわかったけど、エリーから直接応援が欲しい方、発音の仕方をより詳しく知りたい方に受けていただくと、より効果が上がるようにレッスンいたします。

 

“Zoom”を使ってのグループレッスンでしたが、間違いやすい発音や使われる表現法、また英語の勉強法のヒントが欲しい方に喜んでもらえました。

“Zoom”って、何?という方には、きちんと受講の仕方を教えますのでご心配なく。(無料のツールです)

 

《 レッスンスケジュール 》

第1回目 / 第5回目 Level 1 ~ 2 より
〜ミニクイズ + 発音に注意すべき語 + 難しい母音の発音について + 他〜
第2回目 / 第6回目 【 Level 2 ~ 3 より
〜ミニクイズ + 発音に注意すべき語 + Level 2 相当のリスニング文章 + 他〜
第3回目 / 第7回目 Level 3 ~ 4 より
〜ミニクイズ + 発音に注意すべき語 + Level 3 相当のリスニング文章 + 他〜
第4回目 / 第8回目 Level 1 ~ 4 のまとめ
〜ミニクイズ + 発音に注意すべき語 + リスニングチャレンジ + 他〜

 

30日間のメール講座のところどころで、上記の動画とともにレッスンする日があります。

こちらの受講費は、5000円になります

《特典》
エリーのメールサポートを付けます。ご報告メールをお待ちしています。
必ず返信して、さらなる応援メッセージを送りたいと思います。

 

* 他の英単語プログラムレッスンは、『Next Level 英会話』受講生は無料です。

受講生サイト内から、どれか選んで進めてください。

受講手続きの流れ

英単語プログラムを受講希望の方は、まず最初に「Next Level 英会話オンラインプログラム」の受講手続きをしてください。(下記のグリーンの申し込みボタンから)

 

オンライン講座は、月額5,500円です。

最初の1週間は、お試し受講期間とさせていただきますので、課金はお申し込みの1週間後からになります。(お試し期間中にキャンセルの場合は、課金されません。)

その後続けて受講希望の方は、月額自動課金で5,500円になります。キャンセルはいつでも自由ですので、安心して受講出来ます。

ただし、一度課金されましたら30日間有効になりますのでご了承ください。

銀行振り込みにも対応いたしますが、6ヶ月分、または1年分の前払いになります。(メールでお問い合わせください。)

 

* 下記のコースでは、初めて英単語プログラムを受講される方の初月の費用をご案内します。

 

A: 英単語プログラム独学コース

(お試し期間後に5,500円)
〜 一人で進めるコース。30日メールセミナーに沿って進めると達成出来ます。 他のどの英単語プログラムも現在のところ受講生は無料です。〜

 

B: 「ズーム de レッスン動画付き」の30日間英単語メール講座

5,500円 + 5,000円 = 10,500円

〜 30日メール講座で進める以外に、モチベーションアップや補習講座などでプラスの知識を得られます。目標達成もより確実になります。 〜

 

C: 3ヶ月間の英語コーチングプログラム

〜 エリーが寄り添って、3ヶ月間個別指導。短期間で集中して結果を出したい方へ。初級ならネイティブと30分ほど、中級なら2時間ほども楽しい会話ができるほどになります。特典にこちらの「ズーム de レッスン動画付き」の30日間英単語メール講座は含まれます無料の個別相談、受付中。〜

* 3ヶ月コーチング受講者で、TOEIC受験目的ではなくて英会話を学んでいた方が、TOEIC受講したらリスニング部門ほぼ満点で、結果余裕の800点越え。英会話も上達し、英語でスピーチ出来るほどに。英単語攻略から始めた勉強法の効果が実証されました。

 

【 まとめ 】

まず最初に、「Next Level 英会話オンラインプログラム」の受講手続きをしてください。

(下記のグリーンの受講申し込みボタンから)

その後に、順番に以下の内容をメールでご案内いたします。それに従って進めていただければ大丈夫です。

 

受講費用を確認後、受講生サイトへの登録案内のメールが送られます。

↓↓
レッスンサイトへのアクセス可能/ レッスンスタート

↓↓
【英単語でブレークスルー】プログラムに登録可能

*「ズーム de レッスン動画付き」の30日1000英単語メール講座のみ、5000円になります。
(受講生サイトからご登録)

* その他の英単語プログラムは、無料で受講いただけます。

 

受講生のレッスンサイトから、実際の勉強法の進め方をチェックしてからはじめてください。

ご質問や銀行振込みをご希望の方はお問い合わせください。
Email: english@elliegrace.net

 

それでは、「Next Level 英会話」オンラインレッスンの1週間のお試し受講したい方は、下記のグリーンのボタンより受講をお申し込みください。

【今だけの特典】

受講費は、12月の吉日まで税込価格です。受講希望される方は、今のうちにお手続きください。(予告せずに変更になり、10%の消費税がつきます。)

 

* 請求元は「エリーズ・ニューヨーク」で、1週間後からの課金です。
PayPal(ペイパル)を通しての手続きになります。

* 追加でお知らせです。
こちらの英単語プログラムとあわせて受講されるとより英語が上達する「Zoomで月1グループレッスン」もございます。

英単語は一人でコツコツやるものですが、グループレッスンでは英単語と発音を攻略しながらもっとリスニング力をアップさせるものです。

ご興味の方は、全てのプログラムを合わせたお得なパッケージと特典がありますから、詳細をこちらからお読みください。

「基礎英語からのリスニングとスピーキングを加速させる勉強法」
【 Zoomで月1グループレッスン 】

それでは、英単語を含む「Next Level 英会話」レッスンのお申し込みは、以下のボタンからお申し込みください。

ご一緒に英語のレベルアップをして行きましょう。
ご参加をお待ちしております。

Ellie Grace